さらに
絞り込む
該当プラン数 138
残波岬

残波岬で感動の絶景を感じよう!青の洞窟が魅力の恩納村からの行き方

最終編集日時;
投稿日時;

残波岬とは

残波岬灯台

残波岬は沖縄県中頭郡読谷村宇座にある岬です。北東から南西に伸びる沖縄本島の中央よりやや南に位置し、東シナ海を望む最西端に突出しています。高さ30mもあろうかと思われる断崖絶壁が2kmに及んで続く、県内有数の景勝地です。

その迫力ある雄大な景観によって、岬の北側のエリアは海岸国定公園にも指定されています。海岸に人の手が加わらず自然の状態なのでサンゴ礁が残り、そのおかげでイノーという礁湖が沖縄本島で有数の広がりを持つようになりました。

遊歩道は整備されていますが、ゴツゴツした岩場も多いので、裸足やビーチサンダルで歩くには注意が必要です。魚類が豊富で、天候が穏やかな時は大勢の人が磯釣りに来る人ことで知られています。

ただ風が強く波が荒い時などは高波にさらわれる恐れもあるので、そんな時は近づかない方が無難です。岬の先端には高さ31mの残波岬灯台が建っています。南西諸島で最高の高さを誇る白い大灯台は、残波岬の象徴です。

常時一般公開されている参観灯台で、人が登れる灯台となっています。

展望台からは360度のパノラマ風景が広がり、見晴らしがいい時は慶良間諸島から粟国島、渡名喜島、久米島までも望むことが可能です。そして残波岬のもうひとつのシンボルとなるのが残波大獅子です。

高さ8.75m、長さ7.8mと日本一の大きさを誇る巨大シーサーは、インスタ映えスポットとしても大人気の場所となっています。

 

残波岬の魅力

残波岬の最大の魅力はやはりサンセットのシーンでしょう。沖縄本島で、最も遅く日没時間を迎える残波岬ならではのサンセットシーンに、感動すること間違いなしです。

次に高さ30mもの断崖絶壁が、2kmにわたって続く雄大な景色も魅力です。その断崖絶壁に波しぶきが打ちつける様子は、沖縄では珍しい光景といえます。そして岬の先端に悠然とその姿を構える残波岬灯台。

もちろんダイビングや釣りのスポットとしての残波岬も見逃せません。

那覇空港からアクセスが良い点も魅力の一つでしょう。

 

壮大な海を一望できる

残波岬灯台から望む断崖

30mの高さから望む大海原は絶景です。全体的に穏やかなイメージのある沖縄の中で、唯一波しぶきを上げて続く2kmに渡る断崖絶壁は必見です。

壮大な海を眺望すれば、ストレスや悩みなども吹き飛ぶほど清々しい気持ちになるでしょう。

 

近くの残波ビーチでのんびりを楽しもう

残波岬周辺のビーチ

残波岬の西側には白い砂浜の残波ビーチが広がります。

長さは30mですが、幅が50mにもなる天然ビーチです。リゾートホテルを後ろに控えたビーチにはパラソルが林立しています。さまざまなマリンアクティビティを楽しむ人でにぎわいを見せるビーチは、まさにリゾート地そのものです。

ビーチ隣にはレストラン、バーベキュー場などの充実した設備のある残波岬公園があり、アスレチックの遊具や多目的広場、ヤギやカメとのふれ合いコーナーなどに行けば家族でのんびり楽しめます。

 

感動必至のサンセット

残波岬に沈む夕日

沖縄本島の西側に広がる東シナ海の大海原にゆっくりと落ちていく太陽を眺める気分はどんな言葉を使っても言い表せるものではありません。

時にロマンチックな、時にセンチメンタルな気持ちにさせられるその光景は、見る人々を間違いなく感動させます。沖縄本島の最西端に位置する残波岬は、本島で最も遅い時間にサンセットを迎えます。

夕陽が水平線に近づき、そのオレンジの光が海の上を揺れながら自分の方へ向かっているようで、夕日が何かを伝えようとしているような錯覚を覚えます。

やがて太陽の輝きは海の彼方水平線にのみ込まれ、最後に一筋の光を残して消えていくのです。そんなファンタジックな気分にさせられるサンセットが残波岬にはあります。

 

残波岬を制覇しよう

残波岬のスポットを残波岬公園、残波岬灯台、残波大獅子の順に見ていきましょう。

 

残波岬公園

残波岬公園

残波岬公園とは、沖縄県中頭郡読谷村宇座にある残波岬灯台や残波ビーチを含む整備された残波岬一帯のことです。

公園内はふれあい動物広場やキッズエリア、パークサイドバーベキューなど、さまざまな形で楽しめる設備が充実しています。ビーチでのマリンアクティビティはホテルで申し込むことができ、宿泊客以外でも利用可能です。

シュノーケリングやダイビングをはじめ、流行りのフライボードやマリンジェット、ドラゴンボート、エクストリーム、ウェイクボードなど、体験してみたいアクティビティが数多く用意されているので迷ってしまいます。

ほかにレンタルメニューとしてカヌーやSUP、水上を自分の足で漕いで走る三輪車のようなアクアバイクなんかもあります。

グラスボートのメニューなどもあり、沖縄で楽しめるマリンアクティビティのほとんど全てがそろっているといってもいいでしょう。キッズエリアには年齢によって区分したエリアがあるので、乳幼児でも安心です。

ここには大きな滑り台とネットブリッジ、クライミングウォール、バランスステップを組み合わせたコンビネーション遊具が設置されており、大人数でも楽しく遊ぶことができます。

ほかにいろんな方法で登ったり降りたりすることのできるコンクリートマウンテン、小さな子でも遊べる8つのブランコがあります。

キッズエリア内には乳幼児専用エリアも設けてあり、ここにある遊具は普段目の離せないような0~3歳児までが、遊びながら健康や知恵を育めるものばかりです。

沖縄で楽しめるBBQ

隣にはパークバーベキューエリアがあり、子どもを遊ばせながらバーベキューも楽しめます。

必要な道具や食材、バーベキューの準備までスタッフが対応してくれるので、煩わしい手間をかけずにバーベキューが楽しめると好評です。

残波岬公園内には、あまり知られることのないパワースポットもいくつかあります。それは地元の人達が祈りを捧げる拝所(うがんじゅ)と呼ばれる祠です。

そうした祠がいくつか点在しています。

中には険しい岩場に隠された聖地と呼ばれる場所もあり、残波岬が昔から地元の人々の通うパワースポットであったことをうかがわせます。

 

残波岬灯台

残波岬灯台

参観灯台として知られる残波岬灯台は、31mの高さを誇ります。ビルの10階に相当する31mという高さは、南西諸島の灯台では随一です。

階段で登るのは大変ですが、登った人にしか見ることができない壮大なパノラマ風景が眼前に広がります。しかしながら、第2次世界大戦では米軍が上陸する際の目印にされてしまったという負の歴史も持ち合わせているそうです。

その意味では、沖縄の悲劇を象徴する灯台とも言えるでしょう。でも登ってしまえば遥か遠く慶良間諸島や粟国島から渡名喜島、久米島までも見渡すことができます。

そして真下をのぞけば、迫力満点の残波岬の断崖絶壁です。夜間は登ることはできませんが、夜の灯台も不思議な魅力を感じます。

灯台の光が闇を突き抜けて遠くまで照らす様子は一見の価値ありです。

 

残波大獅子

残波大獅子

「琉球王朝時代に中国との貿易で栄えた読谷村の国交文化を伝えるため」に制作されたのが残波大獅子です。

昭和60年に完成し、残波岬灯台に並ぶ岬の象徴としてすでに30数年が経ちました。日本最大と言われるその大きさは、高さがなんとビルの3階と同じくらいの8m75cm、長さは7m80cmにもなります。

シーサーは普通魔除けとして魔物が来る方向に向けて置かれるのですが、この巨大シーサーは交易相手の中国の方向を見据えています。

 

恩納村・那覇空港から残波岬までの行き方

住所:沖縄県中頭郡読谷村宇座

・恩納村から

レンタカーあるいはタクシーを利用して国道58号線を南進し、途中山田交差点を右折して県道6号線に入り残波入口を右折

所要時間:約30分

 

・那覇空港から

レンタカーあるいはタクシーを利用して那覇空港から国道332号または那覇うみそらトンネルを経由し、国道58号へ出たら北上し伊良皆交差点を左折して県道6号に入り残波入口を右折

所要時間:約80分。

 

レンタカーで快適な旅行を楽しもう!

予約がすぐ埋まるレンタカーも事前に予約しておこう!

↓詳しくはこちら↓

 

おすすめツアー3選!

おすすめのツアーを3つ紹介します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

読谷村の残波岬にスポットを当ててご紹介させていただきました。

残波岬1箇所だけでもこれだけの見所を備えている沖縄。

ここ以外にもまだまだ魅力にあふれたスポットがいくつもありますが、ぜひこの残波岬も楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、青の洞窟ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

当日予約OK

アクティビティから探す

一覧を見る