さらに
絞り込む
該当プラン数 138
残波岬灯台から望む断崖

青の洞窟が魅力の恩納村でサーフィンを楽しもう!初心者でも楽しめるサーフィンの魅力について

最終編集日時;
投稿日時;

サーフィンとは

サーフィンとはウォータースポーツの一つです。

サーフボードの上に立ち、波がある海上を滑走するスポーツです。

東京オリンピックで新競技として採用されたことも話題になりました。

海外、特にハワイやオーストラリアでは人気のスポーツで、日本でも海が近くにあれば気軽に始めることができるので若者を中心に人気があります。

 

サーフィンの楽しみ方

ウェットスーツやボードなどの装備を揃えると、季節を問わずに楽しめることがサーフィンの特徴です。

サーフィンはダイナミックな技に挑戦することもできますが、海の上でリフレッシュするという楽しみ方もできます。

海の上で浮かぶだけでも気分転換になります。

海岸から眺める景色とは違い、波を待っている間にボードにまたがる時間もリラックスできる良い時間になること間違いなしです。

また、休日に思いきりサーフィンをしたり、朝サーフィンをして仕事に行くなどライフスタイルに合わせてサーフィンを楽しむ方も多いです。

 

サーフィンの魅力

サーフィンは誰もが1度は憧れるスポーツの1つです。

そんなサーフィンの魅力についてご紹介します。

 

波に乗る初めての感覚

初心者の方にとっては、波に乗ることがはじめは難しいかもしれませんが、波に乗れた時には達成感を味わうことができます。

また、波に乗るにはバランスが必要であり、体全体を使うのでインナーマッスルや脚などを鍛えることにも繋がります。

サーフィンをする以外で波に乗る感覚は中々味わえないため、ぜひサーフィンに挑戦して味わってみてください。

 

自然と一体になれる

サーフィンは、広大な海の上でするため、自然を肌で感じることができます。

自然を感じることで、日常生活のストレスなどの解消にも役立ちます。

海にいることで時間と共に変化する自然や景色を感じることができ、日常生活から解放された気分を味わうこともできるでしょう。

 

夢中で楽しめる

サーフィンは時間も忘れて夢中で楽しむことができるスポーツです。

初心者であれば波に乗るまで夢中になれますし、波に乗れたあとは、波に乗っている時間を増やしたり技を習得するために夢中になることができます。

時間を忘れて夢中になることができるため、趣味ではじめてみるにはぴったりのスポーツです。

 

沖縄屈指の美しさを誇る恩納村の海

那覇から北部へ車で約1時間で行くことができる恩納村は、沖縄県内の中央部に位置する村です。

那覇市内の賑やかさから徐々に自然が多くなり始めると共に、海の色もより綺麗になってきます。

沖縄屈指のリゾート地とされているため、恩納村の海を目当てに訪れる観光客も多いです。

マリンスポーツにはぴったりのスポットなので、ぜひ恩納村の綺麗な海に行ってみてはいかがでしょうか。

 

沖縄で人気のサーフスポット

鮮やかな色の美しい海で行うサーフィンは格別です。

ここでは、沖縄で人気のサーフスポットについてご紹介します。

 

スーサイド(糸満市米須海岸)

糸満市米須海岸にあるスーサイドは、沖縄のメジャーサーフスポットです。

海外からもサーファーが訪れる人気のサーフスポットで、サーファーが沖縄に移住するには糸満のスーサイド近辺といわれる程の有名な場所です。

 

サーフポイントとしての特徴

スーサイドポイントは東西に長く伸びた海岸線に多くのピークが点在し、それぞれのレベルに合わせて一年中波乗りを楽しむ事ができるという特徴があります。

そのため、ビギナーや上級者にも幅広く愛されています。

水深が浅いので小潮だと掘れた波であることも多く、巻き込まれる可能性もあるので、初心者の方は潮を狙って満潮辺りで楽しむことをおすすめします。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

恩納村からスーサイドへの行き方としては、まず国道58号と県道88号から金武町屋嘉の沖縄自動車道に入ります。

次に南風原町山川まで沖縄自動車道を進み、南風原南ICで那覇空港自動車道/那覇空港道を出ます。

そして、県道82号と県道7号を進むと、車で約1時間でスーサイド(糸満市米須海岸)へ到着です。

那覇空港からの行き方としては国道331号を進むと車で約30分で着きます。

 

砂辺(北谷町宮城海岸)

沖縄県中部、北谷町にある砂辺はアメリカ人が多く住むエリアになります。

カリフォルニアの西海岸のような雰囲気で、おしゃれなレストランやバーなども立ち並ぶ人気エリアです。

観光も楽しめる砂辺では、サーフィンもすることができるためご紹介します。

 

サーフポイントとしての特徴

沖縄サーフィンの中心地で、サーファーにとっては聖地のようなスポットです。

砂辺だけでも8箇所ほどポイントがあります。

シーズンとしては9~3月までがベストとなっていますが、7~10月の前線や台風通過後にも波乗りを楽しむことができます。

台風が本島の西海岸を通過するときに生まれる南西、西うねりのビッグウェーブを狙って訪れるサーファーも多いです。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

恩納村から砂辺への行き方としては、西に進んで国道58号に向かい、左折して国道58号に入ります。

右折してそのまま国道58号を進み、嘉手納国道出張所の表示を右折ししばらく走り、さらに左折すると車で約40分程で到着です。

那覇空港からの行き方としては、まず那覇西道路/国道58号を進みます。

次に宜野湾市宇地泊の宜野湾バイパス・国道58号までなうら橋を進みます。

北谷町3丁目まで国道58号を進むと車で約40分程で到着です。

 

真栄田岬

真栄田岬のシュノーケリングスポット

恩納村にある真栄田岬はダイビングとシュノーケルのスポットとしても有名です。

隆起した岩と海のグラデーションは訪れる人に癒しを与えます。

真栄田岬は訪れるだけでも価値がありますが行くのであれば、この機会にサーフィンにチャレンジしてみましょう。

 

サーフポイントとしての特徴

真栄田岬のサーフポイントとしては、青の洞窟から徒歩5分ほどの場所です。

ベストシーズンは、10~4月にかけての低気圧通過後になります。

ですが、波が強いためサーフィンに慣れた方におすすめです。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

恩納村から真栄田岬への行き方は、まず西に進んで国道58号に向かいます。

国道58号に入ると山田(交差点)を右折し、県道6号に入ります。

そのまま直進すると車で約20分で到着です。

次に、那覇空港からの行き方としては那覇西道路/国道58号を進みます。

次に宜野湾市宇地泊の宜野湾バイパス/国道58号までなうら橋を進み、読谷村親志まで国道58号を進むと車で約1時間程で到着します。

 

レンタカーで快適な旅行を楽しもう!

予約がすぐ埋まるレンタカーも事前に予約しておこう!

↓詳しくはこちら↓

 

まとめ

誰もが1度は憧れるサーフィンの楽しみ方や魅力、沖縄・恩納村でのサーフスポットなどについてご紹介しました。

泳ぎに自信がない方や経験者の方まで幅広く参加することができるツアーがあるため、ぜひ参加してみましょう。

沖縄の海をサーフィンに乗って楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、青の洞窟ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

当日予約OK

アクティビティから探す

一覧を見る