さらに
絞り込む
該当プラン数 138
マングローブSUPクルージング

青の洞窟が魅力の恩納村の川で楽しめるアクティビティについて

最終編集日時;
投稿日時;

恩納村に流れる川

マングローブSUPクルージング

沖縄県を代表する人気リゾート地、恩納村をご存知でしょうか。

沖縄本島の中部西海岸沿いに面して広がっており、北東から南西にかけて引き伸ばされた形状をしています。

沖縄本島の中心部に位置しているので、各地にアクセスしやすい観光の要衝地でもあります。

西海岸沿いという立地から、恩納村の魅力として多くの方が思い浮かべるのは海底一面にカラフルなサンゴ礁が広がる美しい海。

サンゴの保護活動にも積極的に力を入れている村なので、海中のロケーションが極めて美しく、シュノーケリングやダイビングなどのアクティビティも盛んです。

また、エメラルドグリーンに輝く海を臨むように、数多くのリゾートホテルが軒を連ねており、その中には海外の超有名ホテルチェーンなども進出していることで知られています。

さて、上記のように海ありきで語られがちな恩納村ですが、実は恩納村には観光資源として親しまれている美しい川も流れています。

川の名は億首川(おくくびがわ)。

源流が恩納村にあり、金武町で太平洋へと流れ出ている川です。

今回は、沖縄らしい自然景観とのどかなムードをじっくり楽しめる億首川に焦点を当てていきましょう。

 

億首川の魅力

沖縄・恩納村で見られるマングローブ

恩納村は沖縄本島の西海岸に河口があり、そこから本島中部へと約8㎞ほどを流れ、約16㎢の流域面積を有している川です。

沖縄県は本土と異なる亜熱帯気候が特徴で、本島のあちこちに亜熱帯気候特有の南国植物が溢れています。

億首川もそんな温暖な気候の恩恵を受けており、流域には豊かな植物の姿が多く見られます。

そんな環境でありながら、市街地からの距離が近く、訪れやすいという点も見逃せないポイントです。

ここでは、億首川の自然環境の美しさと、それに付随するさまざまな魅力を見ていきましょう。

 

4種類のマングローブがすべて見られるのは億首川だけ

億首川

まず、億首川の最も大きな特徴と言えるのは、河口付近にあるおよそ25haもの面積に広がるマングローブ林。

マングローブはガジュマルと並ぶ沖縄を代表する植物であり、亜熱帯気候の地域でのみ姿を見ることのできる樹木です。

観光資源として多くの人々がその姿を見に来るほど、ユニークな生態をいくつも持ち合わせています。

その一つが、汽水域にのみ繁茂するという点です。

汽水域とは、川が海へと流れ出る過程において、河口付近で海水と真水が混ざり合っているエリアを指した言葉です。

塩分が含まれた水にだけ生えると聞くと、なんとも不思議な植物ですが、億首川においてもマングローブが林立しているのはやはり河口付近となります。

なぜ、マングローブは海水の混じった水の中で生きられるのか?

それはマングローブが内部から塩分を排出するための、さまざまな機能を有している植物だからといえます。

塩分の排出方法はマングローブの種類によってまちまちですが、ある種類は水を吸い上げるための根に塩分を濾す機能を持っており、余剰な塩分は葉に貯めて落ち葉として捨てるというものもあります。

このような高度で複雑な生態を植物が持っているのは珍しく、その点を含めた物珍しさからマングローブに魅了される人は少なくありません。

ここでは、4種類のマングローブを見ることができるため、その姿を見比べられるというのは億首川の魅力の一つと言えるでしょう。

では、4種のマングローブについて簡単にご紹介させていただきます。

 

オヒルギ

オヒルギは、樹高が高いことが特徴のマングローブであり、木によっては高さが10mを越えることも。

どの季節に見ても迫力ある姿は、私たちの目を惹きつけますが、特に春には綺麗な花が咲き、迫力にプラスして美しさが加わった姿も見ることができます。

マングローブは根が特徴的であることが多く、オヒルギの根の形は逆V字になっています。

その高さに上を見上げてしまいがちですが、ぜひ下の根にも注目してみてください。

 

メヒルギ

マングローブと言えば沖縄という印象をお持ちの方も多いかもしれませんが、メヒルギは比較的寒さに強いため、日本各所で見かける機会があります。

樹高は7から8mほどと、先ほど紹介したオヒルギよりは低く、幹も細めなため、やや地味な印象を受けるかもしれません。

しかし、汽水域に生えるというマングローブ特有の生態に変わりはなく、億首川であれば他のマングローブの姿と比較することができる点は、見逃せないポイントです。

 

ヤエヤマヒルギ

マングローブの代表選手と言えば、このヤエヤマヒルギでしょう。

ヤエヤマヒルギは、その根がタコ足のように複雑な形状をしているのが特徴で、それが川面へと伸びて幹が屹立しているというユニークな外見をしています。

テレビなどのメディアにおいてマングローブとして取り上げられることが多く、高さもオヒルギと同程度にまで成長するため、見応えは抜群です。

写真映えも大変良く、億首川が誇る観光資源の一つとなっています。

 

ヒルギモドキ

億首川で見かけるマングローブの1つであるヒルギモドキは、沖縄本島ではかなり稀少なマングローブです。

他のマングローブとは違い泥地よりも砂地を好み、汽水域流域の乾いた部分を中心に生えている姿がよく見られます。

石垣島や西表島などの離島まで足を運べば、まとまった数が群生している光景を見ることもできますが、億首川を含め、本島では絶滅が危惧されている種類です。

マングローブ4種を見比べたいのであれば、ヒルギモドキの姿を見ることができる今がチャンスです!

 

アクティビティを楽しめる

マングローブSUPクルージング

億首川の魅力は、マングローブだけではありません。

とても流れが穏やかで、海と比べて波もない環境であることから、アクティビティを楽しむのに最適な川だと言えます。

特に川でのアクティビティは、パドルを用いて漕いで進むようなものが中心なので、流れが緩く波による抵抗が少ないのは嬉しいポイント。

スポーティーな遊びよりは、まったりと沖縄の自然観察を楽しみたいという方にとって、川でのアクティビティは大いにオススメです。

 

生物や野鳥を観察できる

億首川の両岸は、亜熱帯のジャングルの様相を呈しており、沖縄本島の中でもとりわけ豊かな生態系が築かれています。

億首川は、特にバードウォッチングの名所として名を知られており、サギやシギ、カワセミ、チドリやコゲラなどたくさんの鳥たちを見かけることができるでしょう。

時期によっては、渡り鳥が飛来するという興味深いポイントもあり、運が良ければ珍しい野鳥の姿を見かけられることも。

さらに、川の魚はもちろん、コメツキガニやシャコなど、さまざまな生き物の姿も見られるので、南国ならではの豊かな情景を体感することができますよ。

 

壮大な自然を堪能できる

マングローブSUPクルージング

もちろん、マングローブ以外の植物も数多く目にすることができます。

亜熱帯のジャングルには、本土では見かけないような植物が数多く群生しており、右を見ても左を見ても新鮮な気分に浸れること請け合いです。

カヌーなどで水面に漂いながら、マイナスイオンに満たされた空気を胸いっぱいに吸い込めば、森林浴の効果もあり、これ以上ないほどのリラクゼーション体験になることでしょう。

 

子供から大人まで楽しめる

美しい自然というものは、大人にとっては日常の疲れを洗い流してくれるものであり、子供にとっては見慣れない景観で知的好奇心を大いに刺激してくれるものです。

川でのアクティビティは基本的にライフジャケットを着用して体験するため、お子様やお年寄り、また泳げない方も安心して取り組むことができます。

お子様連れの家族旅行は、お子様が楽しめる環境を優先して大人は我慢というケースがありがちですが、億首川は老若男女安心して楽しめるスポットなのです。

 

恩納から億首川までの行き方

沖縄旅行の主な移動手段はレンタカーです。

億首川には無料駐車場があるため、駐車料金を気にすることなく、遊びに行けるのはうれしいところですね。

住所は、沖縄県国頭郡金武町金武1。

国道329号線にある金武交差点を目印に、信号を右折すると億首川です。

 

レンタカーで快適な旅行を楽しもう!

予約がすぐ埋まるレンタカーも事前に予約しておこう!

↓詳しくはこちら↓

 

川で楽しめるアクティビティ

続いて、億首川でぜひ楽しんでいただきたいアクティビティを2つご紹介させていただきます。

川ならではのゆったりと情緒あふれた時間を過ごせますよ。

 

SUP

マングローブSUPクルージング

川で楽しめる二大アクティビティの一つがSUPです。

SUPとは、Stand Up Paddle surfing(スタンドアップパドルサーフィン)の略称であり、ハワイのワイキキ生まれ、サーファーたちの練習が発祥のアクティビティです。

サーフボードもしくはSUP専用ボードを用いて川面に立ち、パドルを操り川を漕いでいくのがSUPの楽しみ方。

アクティビティ初挑戦だと難易度が高いそうなものにはつい尻込みしてしまいがちですが、SUPはボードの安定性が高いため、難易度が低いことも特徴です。

もし難易度が高いと、せっかく勇気を出してチャレンジしてみても、アクティビティの時間が面白くないものになってしまいますよね。

川でのSUPは波がない分、よりバランスを取りやすく、初心者でもすぐに慣れることができるので、ご安心ください!

運動効果が高くリラクゼーション効果も抜群で、さらにはフォトジェニックなことにも定評があります。

この機会に、ぜひ億首川でSUPに挑戦してみませんか?

 

カヌー・カヤック

恩納村でカヌーを楽しむ人たち

カヤックとカヌーも、大自然に囲まれた川で楽しめるアクティビティの1つです。

名称はそれぞれ異なりますが、いずれも一人か二人で乗り込んでパドルを使って漕ぐ船という点は共通です。

大学生やアスリートが競技として行うカヌー・カヤックと、このアクティビティとしてのカヌー・カヤックは別物になります。

こちらはゆったりと自分のペースで川を漕いで楽しもうという、ゆるめのアクティビティ。

カヌー・カヤックは安定性が非常に高く、周囲の景観を観察しながらスローな時間を過ごすのに大変適しています。

特に、億首川はカヌー・カヤックを楽しむことに適した環境なので、ぜひゆったりと気ままな船旅を楽しみながらロケーションを観察してみましょう!

 

おすすめのツアー2選

億首川でのアクティビティを楽しめるおすすめのツアーを2つピックアップいたしました。

下記にリンクを掲載しておりますので、旅行の際の参考にして頂ければ幸いでございます。

 

マングローブカヤックツアー

美しい億首川のマングローブ林を眺めるのに最適なツアーです。

カヤックに乗って進んでいけば、マングローブのトンネルや亜熱帯の美しい鳥たちの姿を目にすることができるでしょう。

川遊びと森林浴を一緒に楽しめてしまう、最高のプランとなっています。

 

亜熱帯の川をSUPでジャングルクルーズ

上でご紹介させていただいた通り、波風の影響を受けにくい億首川はSUPにとても適した環境です。

バランスゲームや鬼ごっこなどをしながらアクティブな時間を過ごしたり、ゆったりボードの上に寝そべってみたりと楽しみ方は多種多様。

スタッフから手作りスイーツのサービスがあるのも見逃せないポイントです!

 

まとめ

恩納村を流れる億首川についてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

「海」が賑やかな動のムードの沖縄を楽しめる場所だとすれば、「川」は静けさに満ちた静のムードの沖縄を堪能することができます。

沖縄は、亜熱帯気候の影響で若干天候が不安定な傾向がありますので、ツアー参加を考えられている際は、事前にしっかりと天気予報をチェックしておきましょう。

また、河口近くは干潮と満潮の影響を受けやすいことから、ツアーが行われるスケジュールが日によって異なることがある点も、要注意です!

億首川は、海と比較しても負けず劣らずの魅力を有していますので、ぜひ足を運ばれてみてください!

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、青の洞窟ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

当日予約OK

アクティビティから探す

一覧を見る