さらに
絞り込む
該当プラン数 138
ホテルムーンビーチ

沖縄屈指のリゾート地!青の洞窟が魅力の恩納村を満喫しよう

最終編集日時;
投稿日時;

沖縄屈指のリゾート地恩納村

真栄田岬

沖縄県の象徴と言えば、青い海とカラフルなサンゴ、快活な日差しが降り注ぐ白い砂浜。

南国の海のロケーションは、まるで国内から出て海外まで赴いたかのような非日常感を味わわせてくれ、私たちの心を深く魅了してやみません。

沖縄は、広域に散らばったいくつもの島々で構成されている県であり、石垣島や宮古島、西表島などの人気の高い離島をいくつも有しています。

しかし、その中でも一番人気なのは、やはり県庁所在地である那覇市を擁する沖縄本島。

政治や経済の中心地でありながら、ありとあらゆる種類の観光スポットを取り揃えた地として、常に多くの観光客を集め続けています。

さて、みなさまは沖縄本島の中でも屈指のリゾート地である恩納村(おんなそん)をご存知でしょうか。

恩納村は、沖縄本島のちょうど中心辺りに位置する村で、西海岸沿いに細長く広がっていることから、村の様々な場所で美しい海の風景を目にすることできるのが特徴です。

今回は沖縄が誇る一大リゾート地、恩納村についてご紹介してみたいと思います。

 

恩納村の魅力

それでは恩納村の魅力からご紹介しましょう。

上でも述べましたが、恩納村は沖縄本島の中心地にある村であり、沖縄本島の全域へと利便性高く、県内の各地域へのアクセスに便利だという点が、まず大きな魅力の一つとなっています。

というのも、沖縄本島という場所は素晴らしい観光スポットを多数抱えているものの、特に自然景観系のスポットは距離が離れているものもあり、移動時間がネックとなりがちです。

旅行においては、レンタカーを上手く利用して極力移動時間を切り詰めるのが主流ですが、それでも限度はあるもの。

その悩みを軽くしてくれるのが、島の中心に位置していて全方面にアクセスしやすい恩納村なのです。

 

沖縄屈指の美しい海

真栄田岬から見える海

沖縄に訪れる方の多くは、南国旅情たっぷりの美しい海と出会えることを期待していることでしょう。

西海岸に面した海は恩納村の大きな魅力の一つであり、そんな期待に大いに応えてくれるロケーションを誇っています。

「世界一サンゴに優しい村」というのは、恩納村が村ぐるみで掲げているキャッチコピーで、その言葉に見合った取り組みによって守られているサンゴが豊富な海は、非常に美しいもの。

なんと200種類以上とも言われるサンゴの群生地帯であり、サンゴを住処とする熱帯魚たちもたくさんの姿を見せてくれます。

シュノーケリングやダイビングで海中へと潜れば、まるで水族館かと見紛うような絶景を目にすることができるのです。

そんな美しさに定評のある海を、恩納村ではいくつもの砂浜で楽しむことができます。

安心して遊べる人工ビーチ、昔ながらの自然が残された天然ビーチと砂浜のバリエーションも豊かで、出てすぐ目の前が海という宿泊施設も少なくありません。

アクティビティ環境も豊富に整っており、恩納村の海へと足を運べばまさに沖縄観光と言った最高の旅情を味わえることでしょう。

 

広大な自然に感動

沖縄の海と女性

また、恩納村の魅力は陸地の自然にもあります。

沖縄特有の亜熱帯気候に育まれた南国の植物たちの姿をさまざまに見かけることができ、豊富な緑に満たされた景観は訪れる観光客の心を癒してくれます。

また海沿いであることから海を見渡せる崖や岬がいくつも名所として人気を博しており、その中でも万座毛(まんざもう)や真栄田岬(真栄田岬)は島内有数の景勝地です。

この二つはいずれも隆起サンゴから変化した琉球石灰岩でできた地形であり、サンゴの島である沖縄ならではのユニークな風貌を見せてくれます。

東シナ海を広く望める眺望は感動的なものであり、天候の良い日には青く澄んだ海を水平線まで延々と見渡すことができるでしょう。

加えて恩納村は島の西側にあることから、岬や崖からは絶好のサンセットを拝むことができます。

色鮮やかな南国の太陽が静かに消えていく様は、実際目にすれば一生モノの鮮烈な思い出となってくれること請け合いです。

また観光する上での自然の特徴として、温暖な気候も嬉しいところ。

夏のみならず冬に訪れても平均気温が15℃を下回ることはなく、最高気温は20℃をマークする日も少なくありません。

本土では、海沿いにある崖や岬といった場所を冬場に訪れると吹き抜ける風で寒い思いをしてしまうこともありますが、通年温暖な恩納村においてはそんな心配も不要なのです!

 

超人気スポット青の洞窟

青の洞窟体験ダイビングで記念撮影

恩納村に数ある観光スポットのうち、特に人気が高い青の洞窟について、簡単にご紹介させていただきます。

真栄田岬と隣接したスポットである青の洞窟は、洞窟の内部が海によって浸水している海蝕洞です。

ただ海が入り込んでいる洞窟であれば珍しくもないのですが、青の洞窟はさまざまな好条件が揃ったことで絶景が生み出されているのが特徴。

絶妙な角度で差し込んだ自然光が海底の白砂へと反射し、照り返しの過程で光に含まれる青の波長が強調され、洞窟内が美しい青い光で照らされているのです。

同様の現象が起きている「青の洞窟」は世界各地にもいくつか有名な場所はあるのですが、恩納村のものはその中でもとりわけ訪れやすい立地で好評を集めています。

すぐそばの真栄田岬には広い駐車場があってそこを利用することができ、シュノーケリングなどのアクティビティを楽しむこともできます。

恩納村に赴く際には、ぜひ足を運んでおきたいスポットと言えるでしょう。

 

レンタカーで快適な旅行を楽しもう!

予約がすぐ埋まるレンタカーも事前に予約しておこう!

↓詳しくはこちら↓

 

おすすめのリゾート5選

恩納村の海沿いには、そのロケーションを活かした上質なリゾートホテルがいくつも存在しています。

その中から利用しやすいオススメのリゾートを5つピックアップ致しましたので、順にチェックしていきましょう。

 

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

全日空が経営するANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは恩納村瀬良垣、国道58号線沿いの半島を占めるような大規模な敷地を有しています。

白とライトブルーの沖縄らしいカラーの建物が特徴であり、恩納村を代表する高級リゾートホテルの一つです。

すぐ傍らにはホテルが所有するプライベートビーチがあり、浜辺からは沖縄を代表する名スポット万座毛を遠望することができます。

 

リゾートとしての魅力

絶好の立地を活かし、全ての部屋がオーシャンビューとなっているのはこのホテルの魅力の一つ。

これぞリゾートホテルといった具合の上質な内装となっており、客室やフロア、レストラン、大浴場、プールなど宿泊に付随した設備まで、全てがゴージャスな印象を与えてくれます。

観光ハイシーズンである夏休みの頃には毎週数回花火が打ち上げられ、観光シーズン外の冬場もイルミネーションが飾られたり年越しイベントが催されたりと常に煌びやか。

またリゾートホテル内で旅行を完結させられるほどのサービスが備えられていて、アクティビティやマリンスポーツまで敷地内で楽しめる至れり尽くせりな環境となっています。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

レンタカーを利用して移動する場合、那覇空港からは一般道で80分、沖縄自動車道経由で50分ほどの所要時間が目安。

恩納村内からの移動は、ナビを利用すれば平易な道のりとなっています。

また、バスを利用する場合は「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート前」で下車しましょう。

 

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート

次にご紹介するのは世界的ホテルチェーンであるシェラトングループ経営のリゾートホテル。

こちらも恩納村を代表する宿泊施設であり、その名の通り恩納村内にあるサンマリーナビーチに併設した敷地となっています。

白塗りの高級感溢れる色合いと階段のような形状の建物は個性的で、遠くから見ても一目で判別できるでしょう。

 

リゾートとしての魅力

ホテル内部に入ると、吹き抜けで広々としたエントランスとそこに配置された池、その中を泳ぐ亜熱帯の魚たちが宿泊客を迎えてくれます。

池に象徴されるように全体的に南国リゾートらしさを強く押し出した内装となっており、高級感とくつろげる雰囲気が同居した様子には感嘆の息が漏れてしまうほど。

館内にはレストランや土産物屋などが充実しており、屋内外を跨いだ大きなプールで悠々と水遊びを楽しむこともできます。

隣接したサンマリーナビーチでのアクティビティなどもホテル内において受け付けていますので、大充実の沖縄旅行を過ごせること請け合いですよ。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

レンタカー利用の場合は沖縄自動車道を経由して「石川IC」で降りましょう。

那覇空港からは60分ほどで到着することができます。

バスをご利用の際は「サンマリーナホテル前」で下車すれば、そこから徒歩3分の道のりです。

 

ホテルムーンビーチ

ホテルムーンビーチ

恩納村で昔から愛されている老舗リゾートホテルといえば、ホテルムーンビーチの名前が挙がります。

ホテルの目と鼻の先にあるムーンビーチはたくさんのヤシの木に囲まれたロケーションであり、南国旅情を感じられると共にSNS映えも抜群です。

「日本におけるモダン・ムーブメントの建築208選」に選出された雰囲気ある建物が大きな特徴と言えるでしょう。

 

リゾートとしての魅力

ホテルムーンビーチの客室棟へと踏み入れてまず驚かされるのが、吹き抜けになった壁の一面を伝った植物です。

これは観葉植物のポトスであり、一面の緑が宿泊客に深いリラクゼーション効果を与えてくれると共に、自然と一体化した不思議な建築様式が面白みと感銘を与えてくれます。

このホテルの宿泊客限定で、アクティビティに参加すればヨウ島という無人島に連れて行ってもらうことができます。

沖縄の原風景を感じさせる美しい自然景観へと足を運ぶことができるのも、見逃せない大きな魅力の一つだと言えるでしょう。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

那覇空港からレンタカー利用の場合、沖縄自動車道「石川IC」を経由して70分ほど。

バス利用の際は「ムーンビーチ前」で下車。

所要時間は90分から120分程度を見越しておくと良いでしょう。

 

ハレクラニ沖縄

ハレクラニとは、ハワイにある超有名ホテルであり、ここはそのハレクラニが日本に初めて建てた系列ホテルとなっています。

世界中に多くのファンがいるハレクラニだけに、そのオープンは大きな注目を集めました。

ハレクラニ沖縄では、国内にいるにも関わらず、まるでハワイを訪れたかのような贅沢な時間を味わうことができます。

 

リゾートとしての魅力

ハレクラニの個性として挙げられるのが、客室の面積を50平方m以上確保して広々とした居住性を確保するという方針と、「Seven Shades of White(7色の白)」の色合い。

これは部屋の色調を種類の異なるいくつかの白で統一感を出しつつコントラストを表現し、落ち着きと上質さを共存させるという設計思想です。

そのため、他のホテルとは部屋のムードが異なり、沖縄ながらにハワイの空気感に浸れるラグジュアリーな宿泊体験が約束されています。

食事もハワイ流のものが提供されるため、ハレクラニへの宿泊はパスポートいらずのハワイ旅行と言ってしまっても過言ではありません。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

ハレクラニへ那覇空港から赴く際は一般道で90分、沖縄自動車道を利用して75分程度。

「屋嘉IC」で降りると良いでしょう。

また空港からはリムジンバスも出ているため、利用すれば100分ほどの道のりです。

公共交通機関を利用される場合は、「ハレクラニ沖縄前」のバス停で下車しましょう。

 

カフーリゾートフチャク コンド・ホテル

最後にご紹介させていただくのは2010年開業とかなり新しめなカフーリゾートフチャク コンド・ホテル。

ここも浜辺から近い立地が大きな強みであり、最寄りの冨着ビーチまでは徒歩5分で行きつくことができます。

新進気鋭のホテルながら、その充実した施設から好評を集めているようです。

 

リゾートとしての魅力

このホテルの客室は居住性の高さに重点が置かれており、靴を脱いで部屋に上がればまるで家にいるようなくつろぎと利便性の両立を感じられます。

その象徴と言えるのが、すべての部屋ではありませんが設置されている部屋もある家電類の存在。

長期滞在も視野に入れた設計のホテルですから、IHコンロ、電子レンジをはじめとする調理機器や洗濯機など、そのまま家として住みたくなるほどの設備が整っています。

もちろん自分での調理だけでなく、上質な料理を提供してくれるレストランもホテル内にあるため、自分流の旅行スタイルを組み立てて過ごすのに最適なホテルだと言えるでしょう。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

那覇空港からは一般道で90分程度、沖縄自動車道は「石川IC」経由で50分が目安の道のりとなっています。
注意したいのが、ここは新しいホテルですので、レンタカーによってはホテル名だけでは検索できないことがあるという点。

カーナビを利用する場合、ホテル名で見つからなければ、すぐ近くの「沖縄国際ゴルフ倶楽部」を入力するようにしましょう。

バス利用の際は「冨着」のバス停で下車し、そこから5分ほど歩けば到着です。

 

おすすめのアクティビティ5選

上でご紹介したリゾートホテルで楽しめる各種アクティビティの中から、特におすすめのものを5つピックアップ致しました。

いずれも沖縄旅行に来た甲斐があったと思わせてくれるような最高のアクティビティばかりですので、ぜひチャレンジされてみてください。

 

シュノーケリング

シュノーケリングする2人

リゾートホテルから青い海原を臨んでいると、深く潜って海と一体になってみたいという気持ちが湧いてくるもの。

その欲求に全力で応えてくれるのが、大定番アクティビティのシュノーケリングです。

恩納村は全国屈指のシュノーケリングの聖地で、サンゴの多い海中の光景は他では出会うことのできない鮮やかさです。

ウェットスーツやフィン、海面に筒を出して呼吸するためのシュノーケルなどの装備を着用して長時間の潜水を楽しめるシュノーケリング。

ライセンス取得の必要もなく老若男女を問わず参加できる気軽さを含めて、非常におすすめのアクティビティです。

 

ダイビング

ダイビング

シュノーケリングよりももっと長く、もっと深く潜ってみたいという気持ちになった方は、より本格的に海を楽しめるダイビングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

ライセンス取得の必要がありますが、リゾートホテルに長期滞在する予定ならば、その間の楽しみとしてダイビングはぴったり。

酸素タンクとレギュレーターを装着して潜れば、水族館のような色とりどりの魚が泳ぐ光景を、自然の中で思いきり楽しむことができてしまいます。

キチンと講習を受ければ事故率も極めて低いアクティビティですので、じっくり腰を据えて楽しんでみるのも良さそうですね。

 

SUP

SUP

ハワイ生まれのおしゃれアクティビティSUPは、サーフボードかSUPボードに立ってパドルで海を漕ぐというもの。

波に揺られながらバランスを取ると全身に程よい負荷がかかり、最高のエクササイズ効果を得ながら足腰も鍛えることができます。

インスタ映えも抜群ですし、さらにはボードの上でヨガを楽しむといったプランが行われることも。

優雅な時間を味わえますので、リゾート気分に浸るにはもってこいのアクティビティですよ。

 

カヌー・カヤック

億首川マングローブカヤック

カヌーとカヤックはご存知の方も多いのではないでしょうか

恩納村の海に揺られながら小船を漕ぎ進めていくのはなんとも心地よく、またアクティビティ用のカヌー・カヤックは転覆しにくい構造となっているため安心して乗ることができます。

一人二人で乗るものなので、急かされることもなく、マイペースに海を眺めることができ、最高の沖縄体験ができること請け合いです。

ライフジャケットを着用するため泳げなくても危険はなく、二人乗りも可能ですのでカップルや親子で楽しむのにもオススメですよ。

 

パラセーリング

絶景パラセーリング

海だけでなく、その上に晴れ晴れと広がった青空も恩納村の魅力を支えるロケーションの一つ。

そんな空を楽しめるパラセーリングも、恩納村では大人気のアクティビティです。

牽引されながら高空を舞う感覚は鳥肌が立つほどの爽快感で、透明度の高い海を見下ろせば海中の生き物たちの姿を目にすることもできるでしょう。

ぜひスリルと痛快さを味わえるパラセーリングにもチャレンジしてみてくださいね。

 

まとめ

沖縄屈指のリゾート地、恩納村に並んだリゾートホテルについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

いずれも甲乙つけ難い上質なホテルばかりですので、時間と金銭に余裕がある方は恩納村のリピーターとなって色々なホテルを試してみるのも楽しいかもしれませんね。

確実にご満足いただけること間違いなしの恩納村へ、ぜひ一度足を運ばれてみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、青の洞窟ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

当日予約OK

アクティビティから探す

一覧を見る