さらに
絞り込む
該当プラン数 138
SUPで自然を楽しむ女性

青の洞窟が魅力の恩納村で人気急上昇アクティビティSUP(スタンドアップパドルボード)を楽しもう!

最終編集日時;
投稿日時;

人気急上昇中のSUPとは

恩納村でSUPをする女性

みなさまは近年飛躍的な人気の高まりを見せているアクティビティ、SUPをご存知でしょうか。

SUPはStand Up Paddleboard(スタンドアップパドルボード)の三つの頭文字を取った略称で、ハワイ発祥のアクティビティです。

元は1960年代にワイキキで現地のサーファーたちが練習の一環として始めたものだったのですが、最近ではサーファーに限らず広い層の人々によって楽しまれています。

水面で大型のサーフボードかSUP専用のボードに立って、バランスを取りながらパドルで漕ぐというのがこのアクティビティの内容です。

今回は沖縄で大人気となっているSUPについて、ご紹介させていただきたいと思います。

 

恩納村で行うSUP

恩納村でSUPを楽しむ二人

沖縄県随一の観光地といえば那覇市を擁する沖縄本島。

そんな沖縄本島の中でも、とりわけ盛んにSUPが行われているエリアが恩納村となっています。

恩納村があるのは沖縄本島のちょうど中心辺り。

本島の西海岸に当たる位置に南北約27km、東西約4kmの範囲に渡って広がっている土地であり、リゾートホテルが多数立ち並んだ本島屈指の観光エリアです。

宿から出てすぐに沖縄の青い海へとアクセスできるのが恩納村最大の魅力。

観光に向いた浜辺の数も一つや二つではなく、海水浴向きの賑やかなビーチから散策に適したプライベート感溢れるビーチまで、バリエーションも豊かです。

また、「世界一サンゴに優しい村」としてサンゴの保護が盛んなのも恩納村の特徴の一つです。

沖縄県は海水温の上昇などによってサンゴが死滅し、白化現象が進んでいるのが問題となっているのですが、恩納村は積極的な保護活動によって回復を進めています。

サンゴは光合成によって海中の二酸化炭素を除去して酸素とミネラルを増やし、水質を浄化して透明度を増してくれる性質が特徴です。

さらに、砕けたサンゴの破片は石灰質の微細なかけらとなって降り積もり、海底を真っ白に染めていきます。

真っ白な海底は空からの陽光を強く反射し、光に含まれる青い波長が海面にまで届き、それによって恩納村の海は青く透明な美しい海として保たれているのです。

そんな恩納村の海の上にボード一枚で立ち、辺り一面が美しい海という状態を楽しめるのが恩納村でのSUP。

これ以上ないベストコンディションで海を堪能できるアクティビティとして、非常に高い人気を博しています。

 

SUPの魅力

SUPの魅力を大きく分けると、簡単であること、楽しむ上での決まりがなく自由なこと、時間の制約のなさの三つが挙げられます。

一つ一つの要素をピックアップして見ていきましょう。

 

初心者でも簡単!

恩納村でSUPを楽しむ3人

アクティビティは初めて挑戦する時の心理的なハードルが高いもの。

もし難易度が高いと、せっかく勇気を出してチャレンジしてみてもアクティビティの時間がほとんど練習で終わってしまった、なんて可能性も考えてしまいがちです。

その点、SUPは安心。

SUPの大きな特徴の一つが難易度が低いことなのです。

サーフボードかそれに類するボードを使い、海の上でバランスを取ると聞くとかなり難しい競技をイメージされてしまうかもしれませんが、実はそんなことはありません。

SUPに用いられるボードは基本的に大型なため安定性が高く、サーフィンと違い波に乗るわけではなく海の上で揺られるだけですのですぐに慣れることができます。

元はハワイのサーファーたちの間の遊び兼トレーニングだったものが、欧米などのセレブ層にフィットネス効果を注目されて、世界的なアクティビティへと成長を遂げました。

波に揺られながらバランスを取るのは全身運動になるため、ダイエットに良いとして流行ったのも一因ですが、老年層が体幹や足腰を鍛えるための手段としても流行しています。

そのような経緯からもわかるように、お年寄りでも遊べる程度の難度に留まっているのが特徴なのです。

加えて、海遊びを避けてしまいがちな泳ぐのが苦手な方でも心配はいりません。

ライフジャケットをレンタルして着用することもできるため、もし落水してしまったとして泳げなくても大丈夫なのです。

これらの体験ハードルの低さは、間違いなくSUPの魅力の一つであると言えるでしょう。

 

楽しみ方は自由

恩納村でSUPを楽しむ人たち

SUPは正式なルールがある競技ではなく、あくまで楽しむのが主な目的のアクティビティです。

基本的な定義はボードの上に立ってパドルで漕ぐというものですが、別に絶対立たなければいけないわけではありません。

座ってしまっても問題ありませんし、寝そべって海の上で揺られる感覚を味わう人もいます。

カヌーのような船と違い、海との間を隔てるのは薄いボード一枚ですので視点から海が近く、沖縄の海と一体化したかのような絶妙な感覚を味わうことができるでしょう。

また上述したようにボードが安定していることから、ツアーによってはSUPとヨガを組み合わせたものなども開催されています。

ボードの上でバランスを取りつつヨガで体幹を鍛えるのは中~上級者向けですが、その分深い充足感とリラクゼーション効果を得ることができるでしょう。

とにかくフリースタイルだという点もSUPの大きな魅力の一つ。

型にはまらない楽しさを追求して、自分だけのスタイルを見つけるのもとても面白いものですよ。

 

時間を選ばずに楽しめる

恩納村でサンセットSUPを楽しむ二人

そしてもう一つの長所として挙げられるのは、恩納村でのSUPはアクティビティの時間を選ばないという点です。

水辺の遊びというものは寒さだけが避けがたい敵ですが、幸い沖縄は本土最南端の鹿児島からでも600km以上南下した立地。

本土とはまるで異なる亜熱帯気候が特徴であり、時間帯を選ばず非常に温暖です。

早朝のSUPでは朝の海の静けさに満ちた空気を味わいながら、南国ならではの強く輝く朝日を浴びることができます。

夕暮れ時のSUPであれば、西の水平線へのサンセットを眺めながら、さながら映画のワンシーンのような鮮烈な情景を目の当たりにできるでしょう。

そしてSUPは夜間も盛んに行われており、星空の下で海を漂う体験は他では得難いもの。

真っ暗で静かな海面に星々が映され、上を見上げれば満天の星空。

まるで上下左右全方位を星の海に囲まれているかのような、劇的な体験をすることができるのです。

また、恩納村でSUPを楽しむのであれば時間だけでなく季節も問いません。

亜熱帯気候の沖縄は冬であっても非常に温暖。

真冬のシーズンでも平均気温は15℃程度に留まり、最高気温は20℃ほどに達する日が多くなっています。

そのため、冬の寒さに凍えることもなく、一年中SUPを楽しむことができるのです。

 

時間や場所によって様々な楽しみ方が

SUPの楽しみ方のカスタマイズ性の高さはご理解いただけましたでしょうか?

とにかくシチュエーションによってアクティビティとしての性質まで変わってくるほど柔軟性が高く、敷居の低さと遊びやすさが魅力のアクティビティです。

以下で場所、時間帯ごとのSUPの楽しみ方をもう少し掘り下げてみましょう。

 

海で楽しむSUP

SUP

海でSUPを楽しむ際、波に揺られる感覚を味わえるのは上でも述べさせていただいた通りです。

恩納村ではそれに加えて、透明度の高い海を上から見透かすという独特の感覚を味わうことができます。

恩納村の海底は大規模なサンゴ礁と白砂で満たされていて、そのサンゴ礁を住処とする熱帯魚たちの姿も多数。

他にもたくさんの生き物たちが海中を遊泳しており、さながら高級なビオトープのようなその光景を水面間近から眺め下すのは感動的な体験です。

きっと今までよりも海や魚が好きになること間違いなしですよ。

 

マングローブで楽しむSUP

恩納村のマングローブでSUPを楽しむ男女

沖縄で見られる珍しい植物たちの中でも、知名度が高く代表的なものがマングローブ。

マングローブは海水と川の真水が入り混じる河口の汽水域に繁茂するのが特徴の樹木であり、複雑に絡まった細い根によって水面から立ち上がった幹の姿が特徴的です。

沖縄では海から川へと入っていくルートのSUPにおいて、このマングローブ群の姿を思う存分眺めることができます。

見慣れない木々が両岸に生い茂る中、ボードを漕いでゆったりと川を遡上していくのはなんとも爽快。

冒険映画のような感覚に浸れると評判で、観光客の方々から人気を博しています。

一度だけでなくリピーターになる方も多く、沖縄ならではの景観で旅情を楽しむのにピッタリなアクティビティだと言えるでしょう。

 

サンセットで楽しむSUP

恩納村でSUPヨガを楽しむ人たち

そして恩納村におけるSUPで屈指の人気を誇るのがサンセットSUP。

沖縄本島の西海岸に面している恩納村の海からは、西の水平線に沈んでいく太陽を直に目にすることができます。

沖縄の鮮やかな太陽が暮れていく姿は言葉で表現しきれないほど美しく、人生観が変わるような感動を得たという方も少なくありません。

また、アクティビティ中の姿がスタイリッシュなことでも人気のSUPですが、夕暮れの時間はそれが西日を受けてシルエットとなるためより一層格好よく見えるのも嬉しい点。

SUPツアーに参加すればスタッフによる写真撮影サービスもあり、一面のオレンジに染まった海の中にすらりと立つ姿を写真に収めてもらえば写真映えは抜群です。

もちろんインスタ映えも意識されているサービスなので、現像した写真ではなくデータで画像を渡してもらえます。

ロマンティックな魅力と現代的な楽しみ方を両立させられるという点も見逃せない魅力なのです。

 

SUPの服装・注意点

恩納村でSUPをする3人

さて、SUPを楽しむ際には服装などの注意点がいくつかあります。

まず海の上は遮蔽物がないため、陸よりもいくらか強い風が吹くという点。

気温そのものは温暖なのですが、日によってはSUP中の体感温度は天気予報よりも低めに感じるかもしれません。

特に冬場にSUPを遊ぶ際は、寒さに弱い方は耐水性、防寒性のあるラッシュガードの着用を検討するのが良いでしょう。

またもう一つの注意点として、沖縄の日差しは本土と比較にならないほど強いという点が挙げられます。

日光は頭上だけでなく海面から照り返してくるものも浴びることになるため、イメージしていたよりも強めの日焼けをしてしまっていたというケースが少なくありません。

ぜひ自分の肌に合う強めの日焼け止めを持参し、日焼けに苦しまずに済むよう肌の保護に努めましょう。

水辺でのアクティビティですので、ウォータープルーフの日焼け止めを使うのがおすすめですよ。

加えて、目が日焼けしてしまうのを防ぐためにサングラスをかけておくのも良いかもしれません。

 

おすすめのツアー2選

SUPを楽しむためのおすすめツアーをピックアップさせていただきました。

恩納村へ訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

 

ガイド独占!完全貸切!SUPコース

アクティビティツアーは他の観光客グループと同行して行うものも多いため、遠慮してしまいがちな方もいらっしゃるかと思います。

しかしこのプランはお客様2、3人の1グループに対して専属のガイドが1人帯同するという贅沢なもの。

ゆったりと指導を仰ぎながらSUPを楽しむことができますよ。

 

サンセットSUP

夕暮れの海でのSUPを体験したいならぜひこのツアーに参加してみましょう!

恩納村のリゾートビーチから海に漕ぎ出して、水平線の彼方に沈んでいくドラマティックな夕日を静かに眺めることができます。

スタッフによる記念写真の無料撮影サービスも付いていて、きっと一生の思い出に残るツアーとなることでしょう。

 

まとめ

恩納村で楽しめるSUPについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

Instagramなどの各種SNSが盛んになったのに伴って人気を増したSUPは、特に近年恩納村においてトップクラスの人気を誇るアクティビティとなっています。

さまざまなツアーが組まれており、色々なスポットで用具もレンタル可能なため気軽に取り組むことができるでしょう。

大型のボードに複数人で乗ることもできるため、ご家族やお友達、恋人の方などと一緒に乗って絆を深めることもできますよ。

恩納村を訪れた際は、ぜひSUPにチャレンジしてみることをおすすめします!

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、青の洞窟ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

当日予約OK

アクティビティから探す

一覧を見る