さらに
絞り込む
該当プラン数 138
美しい光景と出会う青の洞窟ダイビング

沖縄の人気No.1スポット!!青の洞窟が魅力の恩納村について

最終編集日時;
投稿日時;

恩納村について

恩納村

恩納村は沖縄本島中央部に位置する村で、日本屈指のリゾートエリアです。国道58号線沿いに並んでいる世界的にも知られたリゾートホテルには、有名人も多く宿泊しています。

今回は、世界的にも評価の高い自然環境に恵まれた恩納村を紹介します。

 

恩納村の魅力

恩納村の最大の魅力は、その自然環境にあると言っていいでしょう。

東シナ海を望む場所に位置する恩納村は、絶壁や洞窟、砂浜など、魅力的なスポットがあちこちにあり、沖縄海岸国定公園の一部ともなっています。

ここでは、恩納村の魅力について詳しくご紹介します。

 

沖縄屈指の美しい海

ビーチシュノーケル

世界的にも著名なリゾートホテルが恩納村に集まるのには理由があります。その理由の一つは美しい海です。

代表的な青の洞窟をはじめとして、のぞき込むと海底まで見えそうなくらいの透明度は、沖縄の中でも群を抜いています。

 

広大な自然に感動

恩納村にひろがる自然

恩納村には、森林とのふれあいや森について学ぶことを目的とした「沖縄県県民の森」があります。総面積が181ヘクタールもある敷地内には、キャンプ場や多目的広場、パークゴルフ場などが整備されています。

そのため、ここで自然に多く触れられることができることも恩納村の魅力です。他にも、絶景スポットが点在しているため、広大な自然に心打たれること間違いなしです。

 

超人気スポット青の洞窟

恩納村の青の洞窟でシュノーケリングを楽しむ人たち

観光地の人気スポットである青の洞窟は、ダイビングやシュノーケリング愛好家のみなさんが、一度は訪れてみたいスポットだといえるでしょう。太陽光の反射によって作り出された神秘的な光景は、多くの観光客を虜にします。

夏休みなどは混雑するあまり、入り口で待機することもあるほどです。

 

恩納村で人気の観光スポット5選

恩納村には、人気の観光スポットがたくさんあります。

ここでは厳選した5ヶ所をご紹介します。

 

青の洞窟

青の洞窟

沖縄県の真栄田岬にある洞窟です。奥行きは30メートルほどあり、昔から台風による荒波から避難するための場所として利用されてきました。洞窟の入口から差し込む太陽光が、海底で反射して青く光ることから「青の洞窟」と呼ばれています。

 

人気の理由・見所

青の洞窟では、洞窟の入口が青く光る様子を見に行くツアーが人気です。

これは、海水の透明度が高いため、光が海底まで届くことによって起きる現象です。また太陽光の角度によって、朝昼夕の青色も微妙に変化しています。この青色を堪能できるシュノーケリングツアーも人気です。

青の洞窟は、ドーム天井の水中洞窟なので、シュノーケリングで奥の方まで進むことができます。洞窟は崖の下にあり危険なため、地元ダイバーが同行するツアーを利用して行くようにしましょう。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

住所は、沖縄県国頭郡恩納村真栄田469-1です。那覇方面から車で行く場合には、国道58号から県道6号に合流するのがスムーズです。恩納村方面から車で行く場合には、国道58号を走ると右手にルネッサンスリゾートオキナワが見えてきます。

そのあたりで行き先標識が出ますので、信号交差点を右折して県道6号に入ります。那覇空港や恩納村からバスで直接行く場合、路線バス120系統に乗ります。那覇空港から約1時間30分、恩納村から20分ほどの久良波バス停にて下車します。

久良波バス停から、青の洞窟までは歩いて15分ほどです。

 

万座毛

万座毛

万座毛(まんざもう)は、恩納村の中部にある名勝です。東シナ海に面しており、標高が20メートルある琉球石灰岩でできた絶壁です。琉球石灰岩とは、首里城建設でも使われた、沖縄の島の30%を占める地質で、サンゴ礁の働きによってできた石灰岩です。

多くの気泡があるため地下水が浸透しやすく、湧き水がにじみ出ていることがよくあります。

 

人気の理由・見所

万座毛の絶壁には、横から見ると象の鼻のように見える奇岩があります。気泡が大きな穴になって、象の鼻のような形を残したものですね。万座毛の名の由来は、琉球王朝の尚敬王が万座毛のことを「万人が座すことのできる草原」と表したことによります。万座毛の崖の上には遊歩道が整備されています。

高低差もありませんので、車椅子や体力に自身がない方でも、気軽に歩けます。遊歩道の途中には、「象の鼻」がよく見えるスポットがあります。そこでは海も見下ろせるのですが、透明度の高い海水のおかげで、海の底深くのサンゴや泳ぐ魚たちも見ることができます。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

那覇空港から万座毛までは約50キロあります。沖縄自動車道を使って1時間程度、国道58号で行っても1時間30分ほどかかります。高速道路を利用する場合、国道331号を一旦南下して、空港から約10分の豊見城・名嘉地ICを利用するほうがはやく到着できるでしょう。

西原JCTで沖縄自動車道へ合流し、屋嘉ICで降り、県道88号を進みます。自動車道を降りたら目的地まで10分程度です。恩納村から車で万座毛へ行く場合、国道58号を進み、ローソン恩納万座毛入り口店の交差点を左折すると、5分足らずで到着します。

那覇空港からバスで万座毛に行く場合、路線バス120系統で恩納村役場前バス停まで約2時間です。時間がかかるバス旅ですが、沖縄の風景や雰囲気を楽しみながらのんびり行きましょう。恩納村中心部から万座毛には、国道58号線からでしたら、徒歩で15分程度です。

 

真栄田岬

真栄田岬(まえだみさき)は、恩納村から13キロほど那覇方面に下ったところにある景勝地です。東シナ海が一望でき、ダイビングやシュノーケルのスポットとして有名な「青の洞窟」がある場所として知られています。青の洞窟については、別途紹介していますので、ここではそれ以外の真栄田岬の魅力についてお伝えしましょう。

 

人気の理由・見所

真栄田岬は万座毛と同様に、琉球石灰岩でできた岸壁です。隆起サンゴ特有の美しい断崖があります。真栄田岬は、海に降りなくても恩納村らしさを感じられるスポットです。

自然の花が咲く遊歩道や整備された多目的広場、東屋などが設置されており、遠くを見渡せば青い海の向こうに残波岬や万座毛、伊江島などが見えます。

そして特筆すべきは、真栄田岬の夕日です。西向きの真栄田岬では、海にゆっくりと沈みゆく夕日を静かに眺めているカップルも多いです。日が沈むにつれ、空がオレンジ色から濃さを増し、群青色の暗闇へと変わっていく様子は、真栄田岬がベストロケーションです。

なお、真栄田岬にはトイレ、温水シャワー20基(1分45秒200円)、コインロッカー(1回100円)、軽食店、売店、自販機、AEDなどの救急設備が備わっています。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

真栄田岬の住所は、沖縄県国頭郡恩納村字真栄田469-1です。那覇空港から車で行く場合、沖縄自動車道石川ICで一般道に降り、真栄田岬を目指します。空港からは1時間程度、石川ICを降りたら10分程度で到着です。

恩納村から車で行く場合、国道58号線を読谷方面に進み、山田交差点を右折して県道6号線に進みます。恩納村からの所要時間は20分程度です。真栄田岬の駐車場は、約180台分の有料駐車場(普通車1時間100円)があります。

また、駐車場の利用は、朝7時から21時までです(季節により変わります)。那覇空港や恩納村からバスで行く場合、120系統のバスに乗り、久良波バス停で下車し、約20分歩きます。

 

琉球村

琉球村は、恩納村にある沖縄古民家や工芸、エイサーなど、沖縄に昔からある文化を体験できる施設です。

【営業時間】9:00~17:30(最終受付17:00)
【定休日】年中無休
【料金】大人(16才以上)1,500円、高校生1,200円(学生証を提示)、小中学生600円、 6才未満は無料

 

人気の理由・見所

村内に入ると、沖縄各地から移築された古民家数軒の見学ができます。築200年近くの古民家はどれも風格があり、歴史を感じさせるものばかりです。民家によって、ゆっくりお茶が飲めたり、高倉を持つ特徴的な建物だったり、琉球藍染の体験ができたりします。古民家を通り過ぎると、ロクロや手びねりで焼き物が作れる工芸体験エリアがあります。

その他、伝統芸能エイサーを鑑賞できるエリアもあります。エイサーとは、沖縄や奄美地方でお盆の時期に現世に戻ってくる霊を送迎するために踊られるものです。最後には観客も巻き込んで、みんなでエイサーを踊る光景は圧巻です。

琉球村でのエイサーは一日に数回行われています。エイサーの時間を狙って訪れるのがいいですよ。村内は、石畳や小石の敷かれた道もありますが、車椅子やベビーカーでも難なく散策できます。沖縄に初めて行かれるという方は、ぜひ訪れてみてください。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

住所は、沖縄県国頭郡恩納村山田1130です。那覇空港から車で行く場合、国道330号に出て沖縄自動車道へ入ります。石川ICで降りたら、県道73号を恩納村方面へ進むと1時間ほどで到着します。

恩納村から車で行く場合には、国道58号線を那覇方面に進み、山田交差点を右折します。琉球村の駐車場は、無料です。那覇空港からバスで行く場合には、路線バス120系統に乗り、琉球村前で下車します。

所要時間は60分程度です。恩納村からも、路線バス120系統に那覇方面に乗り、琉球村バス停まで20分ほどで到着します。

 

博物館

恩納村博物館は、恩納村の文化や歴史、自然などの情報を、常設展示や企画展を通して紹介する村立の施設です。
雨の日でも楽しめる施設です。

【開館時間】午前9時から午後5時(最終入館は午後4時30分)
【休館日】毎週月曜日、祝日の翌日、6月24日(慰霊の日の翌日)、年末年始

 

人気の理由・見所

恩納村立博物館では、恩納村の人たちの暮らしや歴史、芸能などを、模型や映像などを使って紹介しています。

第一展示室では恩納村の人々の生業を、第二展示室ではお祭りなど共同体としての暮らしを、第三展示室では現代までの歴史について展示しています。

恩納村のエリアは、昔から交通の要所でしたので、資料も豊富でわかりやすい展示になっています。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

住所は、国頭郡恩納村字仲泊1656-8です。那覇空港から車で行く場合には、沖縄自動車道を石川ICで降りたら5分程度で到着します。空港からなら1時間ほどの距離です。

恩納村から車でしたら、国道58号で15分ほどで到着します。

那覇空港や恩納村からバスで行く場合、路線バス120系統に乗り、ルネッサンス・リゾート・オキナワで下車し、徒歩で10分ほどです。

 

レンタカーで快適な旅行を楽しもう!

予約がすぐ埋まるレンタカーも事前に予約しておこう!

↓詳しくはこちら↓

 

おすすめのアクティビティ10選

恩納村ならマリンアクティビティだけでなく、さまざまな遊び方があります。

その中から代表的なアクティビティを10個ご紹介しましょう。

 

シュノーケリング

青の洞窟シュノーケル

透明度の高い西向きの海は、夏の強い南風の影響も少なく穏やかで、シュノーケリングに最適なスポットです。シュノーケリングなら、初心者や未経験者でも、簡単な講習を受ければすぐに楽しむことができます。

海中深く潜るのではなく、海面付近からシュノーケルを使って水中をのぞく感覚ですので、お子さまでも楽しめるアクティビティです。たとえば青の洞窟のシュノーケリングでしたら、暗がりに住むリュウキュウハタンポや、ロクセンスズメダイなどが見られることでしょう。

熱帯魚の群れに囲まれるように泳ぐシュノーケリングを、ぜひ楽しんでみてください。

 

ダイビング

ウミガメとダイビング

恩納村は、青の洞窟を中心にダイビングでも人気のスポットです。

ダイビングにはライセンスが必要ですが、恩納村では初心者や未経験者向けの「体験ダイビング」が人気です。

体験ダイビングなら、潜れる深さなどに制限があるものの、簡単な講習や器具の使い方についての説明をうけたあと、インストラクターやガイドとともにダイビングを楽しむことができます。

朝、昼、夕方と違った色合いを見せる青の洞窟だけでなく、サンゴ礁や熱帯魚が泳ぐダイビングスポットを堪能してみてください。

 

カヌー・カヤック

シーカヤック

細長い小舟に乗りパドルで漕いで進むカヌーやカヤックは、どこか不安定なイメージがあるかもしれません。

しかし体験してみるとその安定性にびっくりします。お尻を付いて座りますので、重心が低くなり、よほどのことがない限り転覆することはないアクティビティです。もちろん、ライフジャケットも着用していますので安心です。

カヌーやカヤックなら、海面を散歩するように進むことができます。座って乗るため、目線が普段の半分ぐらいの高さになり、海岸から見ていた風景とはまた違った恩納村が見られることでしょう。

あえて漕がずに小波に揺られ、プカプカ浮いているだけでも気持ちいいですね。二人乗りのカヌーやカヤックにお子さまと乗るご家族連れも多く見られます。

カヌーやカヤックに乗って、サンセットを海上から見るツアーもあります。

 

SUP

恩納村でSUPをする女性2人

SUPは、幅の広いボードの上に立ち、一本のパドルで進む、近年人気のアクティビティです。安定性十分な幅があるボードなので、ボードの上であぐらをかいたり、寝そべったりすることもできます。

カヌーやカヤック同様、海の上を散歩する気分で、自由自在に動けます。

 

マリンスポーツ

ウォータートイ,青の洞窟シュノーケリング,ツアー,アクティビティ

恩納村のマリンスポーツは、シュノーケリングやダイビング、カヌーやカヤックだけではありません。

バナナボート、ビッグマーブルなども人気ですよ。バナナの形をしたインフレータブルチューブを、ジェットスキーやボートに引っ張って海面を滑るように進むのがバナナボートです。

ビッグマーブルは、ソファーのかたちをしたトーイングチューブを、バナナボートと同じように引っ張ってもらいます。どちらも、速いスピードと波で上下左右に揺れ、振り落とされそうになります。

しかし、暑い夏ときれいな海だとそれもまた楽しみの一つですね。バナナボートにしがみつくのが難しいお子さんでも、ソファーに寄りかかるタイプのビックマーブルなら乗れることがあります。

 

パラセーリング

恩納村で楽しめるパラセーリング

パラシュートを背負って、ボートや水上バイクに引っ張られると、あっという間に地上40メートル程度まで上がっていくのがパラセーリングです。

自分の体が上昇していく時、ロケットで打ち上げられたような錯覚を覚えます。さっきまでいた砂浜や恩納村の海がとても小さく見えると同時に、天気が良ければ遠く八重山の島々の方まで見えます。鳥のように上空から眺めていると、あらためて自分が小さな島にいることを感じられるでしょう。

 

釣り

恩納村は、初心者からベテランまでが楽しめる釣りスポットでもあります。初心者の方は五目釣りだけでも楽しめますし、恩納村の沖合にある大型いかだの釣り堀でのんびり釣るのも楽しいですね。

釣り堀なら、小さなお子様も安心です。釣りに慣れている方でしたら、沖合で大型の魚を狙ってみてはいかがでしょうか。

カジキマグロを釣り上げることもあるため、モチベーション高く釣りを楽しめます。

 

星空ツアー

星空、ファミリー、ナイトフォト

恩納村の万座毛は、星空観察として人気のスポットです。

万座毛は岬のような突端になっており、周囲に街灯などがないため、星々をしっかりと眺めることができます。

きれいな夕日の時間から、数時間滞在する人たちも多いスポットです。

 

シーサー作り体験、琉球ガラス作り体験

恩納村には、シーサーや琉球ガラス作りを体験できるスポットがあります。

シーサーは災厄をもたらす悪霊を追い払う魔除けですが、自分だけのオリジナルシーサーを作れます。琉球ガラスとは、太平洋戦争後に米軍基地から出るコーラなどの空きびんを加工することから始まった沖縄独特のガラス細工です。

宙吹き法や型吹き法などの製造方法で、職人さんの指導を受けながら作ります。きれいなガラス細工は、きっといい思い出の品になるでしょう。

 

ゴルフ

沖縄にはたくさんのゴルフ場がありますが、恩納村には「美らオーチャードゴルフ倶楽部」があります。以前は大京カントリークラブ、ユニマット沖縄ゴルフ倶楽部などの名称でした。

「大京オープンの舞台」と言えば、ゴルフ好きな方ならおわかりになるかもしれませんね。

 

まとめ

恩納村についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか?

沖縄の中でも、恩納村がとくに魅力的なエリアであることがおわかりいただけたのではないかと思います。

宿泊、食事、アクティビティとどれをとっても楽しめる恩納村にぜひ遊びに来てください。

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、青の洞窟ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

当日予約OK

アクティビティから探す

一覧を見る