さらに
絞り込む
該当プラン数 138
1DAYトリップツアー

青の洞窟が魅力の恩納村でおすすめのドライブコース5選

最終編集日時;
投稿日時;

恩納村でのドライブの楽しみ方

恩納村の美しい海

沖縄県沖縄本島、その中心部に位置する恩納村は、観光資源豊かな村でありながら、観光拠点としての役割も果たす、沖縄観光の要とも言える場所です。

西側に広がる海は極めて美しく、内陸部は緑豊かな自然に包まれており、四方どの方向へ目を向けても沖縄らしい南国旅情ある風景が広がっています。

そのため、まさに南海の楽園とでも呼ぶにふさわしいロケーションに満ちています。

沖縄旅行に訪れた方の多くが利用する移動手段と言えばレンタカーが挙げられますが、そんなレンタカーに乗ってのドライブの拠点としても、恩納村はこの上なく適した土地です。

今回は、恩納村を中心としたドライブ観光について、さまざまなスポットの紹介を交えながら、お伝えさせていただこうと思います。

恩納村へ訪れる際の参考にして頂ければ幸いです。

 

観光スポット巡りを楽しもう

万座毛

旅行などで沖縄本島を訪れたことがある方はご存知かと思いますが、沖縄本島は北東から南西へ細長く引き伸ばされたような形状の島。

そのため各スポットへの移動に要する距離がかなり長くなることから、数値上の面積よりも島を広く感じるという傾向にあります。

その中で、恩納村は上でも述べた通り、沖縄本島の中心付近に位置している村です。

東西南北の各方面へと均等な距離感でアクセスすることが可能で、さらに道路網の面でも非常に優れているのが特徴。

これは1975年の沖縄国際海洋博覧会に起因しており、世界中の人々が訪れるのを機に交通の要衝地として恩納村を徹底的に整備したことで、飛躍的に利便性が高まったのです。

そのような経緯があるからこそ、恩納村は沖縄本島観光の拠点に最適な場所として人気を博しています。

 

どこを見渡しても壮大な大自然

恩納村に広がる自然

そして恩納村の魅力はアクセスの良さだけではありません。

沖縄本島の西海岸は風光明媚かつ整った景観で知られており、恩納村はその西海岸沿いに広がるエリアです。

海沿いに軒を連ねたリゾートホテルの多くは、オーシャンビューの客室を売りにしており、本島の中でも屈指の美しさを誇る海を楽しむことができます。

内陸部も温暖な亜熱帯気候特有の亜熱帯植物で満ちていて、地形も沖縄ならではの隆起サンゴから成る琉球石灰岩など、ユニークなものを多く見られる環境です。

どこを見ても有趣な景観ばかりの土地柄は、ドライブにも最適。

何気ない道を走っているだけでも、驚きや感動を与えてくれる景色に満ちていますので、充実のドライブ旅行を味わうことができるでしょう。

 

おすすめのドライブコース3選

恩納村を中心に据えたさまざまなドライブコースの中から、特に推奨度の高いものを3つご紹介させていただきます。

道のりのわかりやすさにも重点を置いたものばかりですので、運転初心者の方にもおすすめですよ。

 

万座毛

万座毛から見える景色

恩納村ドライブの目的地としてまず外せないのは、沖縄本島屈指の景勝地である万座毛(まんざもう)です。

万座毛とは高さ20mの崖であり、その上から東シナ海を臨めるロケーションは筆舌に尽くし難い美しさ。

スポットとしての詳細はまた下の項目でご紹介させていただきますが、このスポットがあるのは海沿いの崖で、島の外周部に当たります。

そのため、崖へ続く道すがら西海岸沿いの海をじっくりと眺めることができ、窓を開けて走ればたっぷりと海風を感じながらのドライブを楽しむこともできますよ。

 

残波岬~真栄田岬へ岬めぐり

次に挙げておきたいのは残波岬と真栄田岬という二つの岬。

残波岬は本島最西端に位置する岬であり、その先端にはランドマークとして真っ白な灯台の姿を見ることができます。

島から迫り出した岬から見える海は文句なしの美しさで、最西端とわかりやすい立地なことからまずここを目指し、そこから折り返していけば道に迷いにくい点も嬉しいところ。

そこからもう一つのおすすめの岬である真栄田岬を目指しましょう。

真栄田岬は本島屈指のレジャースポットであり、いくつかの観光名所が近辺に集中しています。

そんな岬へと向かう道すがらには、サトウキビ畑が風にそよぐ様を目にすることができ、牧歌的な沖縄ムードを堪能できることでしょう。

また、夕方にかけての時間帯のドライブであれば真栄田岬から残波岬へと逆走していくルートもおすすめです。

夕刻に残波岬へと到達できれば、最西端の岬から水平線に暮れていく夕日を眺めることができ、ドライブの終着点に最適と言えます。

 

フォトジェニックな金武町へ

3つ目は恩納村を出て、少しだけ離れた位置へのドライブコースを見てみましょう。

金武町があるのは恩納村とは逆、本島の東海岸サイド。

あくまでおおまかなイメージですが、スタイリッシュに整備されたリゾート環境の西海岸に対し、東海岸側は昔ながらの沖縄の雰囲気が残された景観を楽しめるのが特徴です。

開かれていない田舎というわけではなく、金武町には景観保護の条例があり、その原風景的な落ち着いたムードは意図的に保護されているものと言えます。

のどかな田園や昔を偲ばせる石垣、静かなムードの御嶽など、たっぷりと沖縄らしさに浸ることができるでしょう。

途中で車を停めて、そのフォトジェニックな景色を写真に収めてみるのも良いかもしれませんね。

また金武町は沖縄グルメとして有名なタコライスの発祥地でもあります。

ドライブの途中にお店を探して、本場の味を楽しんでみるのもおすすめですよ!

 

レンタカーで快適な旅行を楽しもう!

予約がすぐ埋まるレンタカーも事前に予約しておこう!

↓詳しくはこちら↓

 

人気の観光スポット5選

続いて、恩納村にあるさまざまな観光スポットを見ていきましょう。

大充実のラインナップが勢ぞろいとなっています。

 

青の洞窟

恩納村の青の洞窟でシュノーケリングを楽しむ人たち

恩納村観光の一番手と言えば、稀少な自然景観と出会うことができる青の洞窟を挙げないわけにはいきません。

青の洞窟という名前は、どこかで耳にしたことがあるという方が多いのではないでしょうか。

というのも青の洞窟という同名のスポットはイタリアやギリシャ、また国内では北海道や石垣島など、世界各地に多数存在しているのです。

これら同名の洞窟はいずれも海沿いに位置し、海が流入する海蝕洞であり、さらに洞窟内が青く輝いている、という3つの特徴を持っています。

この輝きは、洞窟内に差し込んだ太陽光が海底に反射したものであり、光の波長の作用によって海面に戻ってくるまでに青色が強調されます。

それによって、青く輝いた海面が窟内全体を照らすことで、「青の」洞窟と呼ばれるほどの美しい景色が生み出されているというわけですね。

 

人気の理由・見所

さて、世界各地に同名同種のスポットがあるとは言いましたが、恩納村の青の洞窟はその中でも指折りの人気を誇るスポットとなっています。

理由としてまず挙げられるのはその立地。

青の洞窟は、ドライブコースの項目で軽くご紹介した真栄田岬と隣接したスポットであり、真栄田岬には駐車スペースや着替えのできるロッカー、シャワーなどが充実の設備があります。

何より魅力的なのが、真栄田岬において青の洞窟でのアクティビティツアーが開催されているという点。

シュノーケリングやダイビングなどを洞窟内で体験することができ、用具のレンタルも行われているため、持参の必要もありません。

稀少なロケーションでありながら訪れやすく、アクティブに遊ぶことまでできてしまうという多面性は、青の洞窟の大きな魅力だと言えるでしょう。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

レンタカーで青の洞窟を目指す場合、カーナビの検索機能を活用するのがおすすめです。

その際は「青の洞窟」ではなく「真栄田岬」の名前で検索する方がより確実です。

恩納村内からであれば近距離の場所であり、那覇空港からの移動であればルートによって一時間から一時間半ほどの所要時間を見込んでおくと良いでしょう。

 

万座毛

万座毛

青の洞窟と並び、恩納村きっての観光スポットとして名を馳せているのが万座毛です。

ドライブコースの話でも名前を挙げさせていただきましたが、ここは恩納村のみならず沖縄本島全域に視野を広げても随一の景勝地とされています。

20mの崖を構成しているのは、サンゴが隆起して生まれた琉球石灰岩であり、その歪ながらに滑らかさのある風貌は、大昔海中にあった面影を感じさせてくれるもの。

遠目に眺めれば、沖縄らしさ満点の景観を味わうことができるでしょう。

 

人気の理由・見所

万座毛が人気を博している理由はなんといっても崖の上からの景色でしょう。

「崖」とだけ聞くと、荒々しいロケーションを思い浮かべられる方が多いのではないでしょうか。

しかし、万座毛はそういったタイプの崖とは異なり、崖上には緑の芝生が広がっていて、たくさんの南国植物の姿を見られる自然公園のような景観が広がっています。

駐車場も200台駐車可能と広いことからドライブスポットにも適しており、ここを訪れれば雄大な東シナ海を眺め渡しつつ、のびのびとのどかな時間を過ごすことができるのです。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

青の洞窟同様、レンタカーを用いてドライブで向かう場合はカーナビを活用しましょう。

ここは非常に有名なスポットなため、「万座毛」とそのまま地名を入力すると道順が表示されます。

那覇空港から万座毛を目指す場合も距離的には青の洞窟と同程度で、一時間弱から一時間半ほどで辿り着くことが可能です。

 

真栄田岬

 

青の洞窟と隣接している真栄田岬も、恩納村を代表する観光スポットの一つです。

まず、海を臨む岬ですから眺望は抜群。

東シナ海を広々と見渡すことができ、天候や時間帯、サンゴの切れ目などのさまざまな要素によって青とエメラルドグリーンの間を行き交う海の色を堪能することができます。

また、真栄田岬も万座毛と同じく琉球石灰岩でできた地形であり、その地形は沖縄らしさに溢れています。

岬には展望台があるのも嬉しい点で、万座毛とはまた毛色の違った眺めの良さを体験できるでしょう。

 

人気の理由・見所

そして、真栄田岬の人気の秘訣はその充実した施設にあります。

青の洞窟の項目とも関連しますが、ここの大きな特徴の一つと言えるのがアクティビティの拠点に出来るという点。

例として、沖縄で人気のアクティビティの一つにダイビングがあります。

ダイビングとは、酸素タンクやレギュレーターなど重装備を着けて深い海へと潜っていくアクティビティであり、その専門的な内容からライセンスを取得しなければ参加できません。

真栄田岬では、そんなダイビングのライセンス講習が盛んに行われているのです。

敷地内にある多目的広場でしっかりとした講習が開催されていて、ここでライセンスの取得を目指す人も多数。

またピクニックのできる芝生広場や充実した売店もあるなど、とにかく設備が整ったスポットであるため、お子様から年配の方まで、多くの方が楽しめるスポットだと言えるでしょう。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

青の洞窟と隣接したスポットのため、行き方については青の洞窟の項目と同様です。

 

琉球村

リゾート地として発展を遂げている恩納村には、自然の生んだ景観だけでなくテーマパークも充実しています。

それが琉球村です。

琉球村は、広い敷地内に琉球王国時代からの文化や風習、さまざまな要素を体験できる施設を敷き詰めてあるスポットであり、楽しく遊びながら沖縄を学ぶことができます。

ガイド本にも数多く紹介されている沖縄観光の定番スポットであり、ツアー客なども数多く訪れている場所です。

 

人気の理由・見所

琉球時代を再現した建物や、沖縄特有の植物が数多く植えられた園内の景観など、人気の理由は数多く挙げられますが、特に特徴的なのは沖縄体験プランです。

ここでは、多種多様な沖縄の工芸品などの手作り体験を楽しむことができ、シーサーのオブジェやサンゴを使ったランプやフォトフレームなどの製作が大人気。

沖縄を訪れた証を自らの手で作った品で手元に残せるというのは、想像以上に嬉しいものです。

そのため、一生の思い出となること間違いなしです。

また、テーマパークには付き物のパレードの代わりに、沖縄の伝統舞踊であるエイサーの演舞が行われていたり、土産物屋や飲食店などが充実している点も見逃せません。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

レンタカーのカーナビを利用する場合、定番観光スポットなだけあって、「琉球村」と施設名を検索するだけで問題なくルートを確認することができます。

那覇空港からの運転であれば、国道58号線沿いに北進することで一時間ほどで到着できるでしょう。

 

ビーチ51

沖縄へ旅行した際には、浜辺には必ず訪れておきたいという方も多いのではないでしょうか。

数多く沖縄のビーチの中から今回ピックアップさせていただくのは、ビーチ51。

真栄田岬のすぐ近くにあるこのビーチは、知名度はそれほど高くありませんが、景観の良さは屈指のものです。

 

人気の理由・見所

恩納村に無数にあるビーチの中でも、ビーチ51の大きな個性と言えるのは、ここが天然ビーチだという点です。

リゾート環境である西海岸は、リゾートホテルのプライベートビーチなどの整備が行き届いた人工ビーチが多いのが特徴。

人の手が入っていないビーチ51では、琉球時代を想起させるような静けさに満ちた味わい深い景観を堪能することができます。

また、天然ビーチは監視員がいなかったりと遊ぶのには適さないことも多いのですが、ここは遠浅な海で、安全に海水浴を楽しめるのも嬉しい点。

琉球を舞台としたNHKの時代劇「テンペスト」のロケ地となった場所でもありますので、一度は訪れてみることをおすすめします。

 

恩納村・那覇空港からの行き方

ビーチ51は少し奥まった立地の浜辺であり、駐車場が備えられていません。

そのためすぐ近くにある真栄田岬を目的地として、その駐車場を利用するのがおすすめです。

真栄田岬からは、徒歩で到着できる距離です。

 

レンタカーで快適な旅行を楽しもう!

予約がすぐ埋まるレンタカーも事前に予約しておこう!

↓詳しくはこちら↓

 

まとめ

ドライブを中心とした恩納村観光についてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

レンタカーを利用すれば、恩納村のみならず、沖縄本島全域を効率的に巡ることも難しくありません。

ドライブを楽しみながら移動時間を上手に切り詰めて、ぜひたくさんのスポットに足を運ばれてみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

条件から探す

予約から参加の流れ

  • ツアーを探す

    シーンや時間帯から参加したいツアーを探してみましょう♪

  • 予約プランの申し込み

    申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!

  • 予約確定

    予約が完了すると、青の洞窟ツアーズから連絡がきます♪

  • ツアーに参加

    あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!

当日予約OK

アクティビティから探す

一覧を見る